パロパロ
2019年10月24日(木)

パロパロ

喜
怒
哀
楽
新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 有限会社佐々木酒造店

【公開24時間で100万円突破!】震災以来8年半ぶりに故郷で日本酒を造る酒蔵・佐々木酒造店のクラウドファンディング
2019年9月22日 有限会社佐々木酒造店
Yahoo!ブックマーク  ニフティクリップ livedoorClip はてなブックマーク newsing iza Buzzurl Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

東日本大震災の津波により全壊し、8年半ぶりに故郷で醸造を再開する酒蔵、有限会社佐々木酒造店(宮城県名取市閖上、代表銘柄「宝船 浪の音」)が9月21日よりクラウドファンディングを開始し、開始約24時間で調達資金100万円を突破しました。


東日本大震災の津波により全壊した酒蔵、有限会社佐々木酒造店(宮城県名取市閖上)は、全国で初めて、被災した場所に酒蔵を再建し、2019年10月より醸造を開始します。


それに伴い、復活した酒蔵で醸造する日本酒「宝船 浪の音(ホウセン ナミノオト)」のうち、最初にしぼる3種を、2019年9月21日(土)よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて限定販売を開始しました。

そして、公開から24時間で、支援者が100名を超え、調達資金100万円を突破いたしました。


プロジェクト名:『津波で全壊した宮城県の酒蔵がついに復活!復活蔵での最初の日本酒を限定販売』

https://www.makuake.com/project/sasakishuzouten/


<プロジェクト 3つの特長>

① 町ごと流された酒蔵が、8年半ぶりに故郷に復活。最初にしぼる無濾過原酒を、Makuake限定でお届け。
② 震災後の2012年から7年間は、日本醸造史で唯一の仮設蔵で醸造。悪環境にもかかわらず、様々な鑑評会で賞を獲得した酒蔵。
③ 東日本大震災で被災した場所に "戻る" 全国で初めての酒蔵。故郷・閖上(ゆりあげ)の活性化を目指す。


【プロジェクト序文】

宮城の小さな港町・閖上(ゆりあげ)。この町には、2011年まで140年に渡り、日本酒を造り続けてきた酒蔵がありました。 町全体が津波に飲み込まれた、あの日から、約8年半。ついに、酒蔵が復活し、10月より再び酒を醸し始めます。 そして、その復活蔵で最初にしぼられる日本酒「宝船 浪の音(ホウセン ナミノオト)」の無濾過原酒を、Makuake限定で販売します。 140年と8年半の思いを詰め込んだこの酒は、再び動き出す歴史の、「一歩目の酒」です。


社名:有限会社佐々木酒造店

住所:〒981-1213 宮城県名取市閖上1-8-10

蔵元:5代目 佐々木洋(ササキヒロシ)

設立:1871年(明治4年)

Tel:022-398-8596

Fax:022-398-8511

URL:http://naminooto.saleshop.jp/

事業内容:日本酒「宝船 浪の音」の醸造と販売



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ