パロパロ
2020年02月27日(木)

パロパロ

喜
怒
哀
楽
新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社あんふぁに

子どもと企業の創造的ワークショップ ゼロからビズ
2020年1月29日 株式会社あんふぁに
Yahoo!ブックマーク  ニフティクリップ livedoorClip はてなブックマーク newsing iza Buzzurl Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

デザイン業・プロダクト制作の株式会社あんふぁに(千葉県柏市、代表取締役/船水誠 )は、社員が子どもと一緒にビジネスモデルを考える企業向けワークショップ「子どもと企業の創造的ワークショップ ゼロからビズ」を2020年2月から開講、第1回目のワークショップを千葉県柏市で実施します。

同社では、子ども達が地域の人々と〝ものづくり〟をすることで価値を創る力を楽しく育てるプログラム「ダビンチクラブ」を開講中。このダビンチクラブは、学童保育施設や放課後デイサービス、学習塾、小・中・高校などを対象に定期的に開講。同社から講師とスタッフを派遣し、運営母体教室のスタッフや協力企業、サポーターとなる地域の大人達と一緒にワークショップを行っています。
今回このプログラムの一つとして、新たに企業向けに開講するのが「子どもと企業の創造的ワークショップ ゼロからビズ」です。

子どもも参加できる新しい形の企業研修


「子どもと企業の創造的ワークショップ ゼロからビズ」は、社員を対象とするものが多い従来の企業研修とは異なり、社員と共に社員の子どもや、一般公募した子ども達を対象にした新しい形のプログラムです。

会場となる企業に子ども達を招き、社員と共に実践的な創造力育成ワークショップを行います。例えば企業での余剰品や廃材を新たな商品やビジネスに活用するにはどうしたら良いかといったアイデアを、社員と子どもが一緒になって考えていきます。

ブレインストーミング、ゴールの設定、企画書作成、ピッチ大会などを通して、創造力だけでなく企画力、プレゼンスキルなども磨いていきます。通常、職場にはいない子ども達がワークショップに加わることで、子どもならではの斬新な発想や楽しい企画、シンプルなアイデアなどが生まれることはもちろん、子ども達のアイデアに社員の創造性が刺激されることも期待しています。


企業にはクリエイティブ研修として、子どもにはキャリア教育体験として


「子どもと企業の創造的ワークショップ ゼロからビズ」は、企業向けには社員のトレーニングになるだけでなく、商品開発として役立つ可能性や、社員の家族へのレクリエーションイベントの一つとして使えるほか、働く姿を子どもに見せてあげたいという親の要望を叶える場にもなりえます。また企業の活動として地域の人々に教育活動をすることでCSR(企業の社会的責任)の一環にもなります。

一方、企業を訪れる子ども達にとっては、職業人としての知識や心構えを養ったり、進路を定める指標にするという意味でキャリア教育となるほか、主体的に企業と関わりを持つことで生まれる成功体験や、創造力・企画力・プレゼン力の向上なども期待でき、画一的ではなく、多様な力を求められるこれからの時代に必要な人材育成にも繋がります。


第1回目のワークショップは街のお弁当屋


第1回目となるワークショップは、千葉県柏市にあるおふくろ弁当新柏店で2月15日(土)に行われる予定。同店舗の課題を参加する子どもたちと共有し、楽しく解決策を考えていきます。

<おふくろ弁当新柏店の課題>

* 新しいメニューを考えたい

* お客さんの数と来店回数を増やしたい

* お店の雰囲気を変えたい

* もっとたくさんの人にお弁当屋さんを知ってもらいたい

* 地域のコミュニティスペースになっていくには?


ワークショップでは、同社のブレインストーミング用カードゲームを使用し、頭の体操や新商品案、そして課題解決のアイデア出しを行なっていきます。


グッドデザイン賞受賞の商品開発のプロが担当


ワークショップの担当は、ヒット商品を生み出した商品開発のプロ、同社代表の船水が主に行います。発売した商品がNHK総合テレビ「おはよう日本」等で特集。アプリはiOSのApp Storeで「今日のAPP」として4回選出(特集は数十回)され、グッドデザイン賞を含む国内外デザイン賞を複数受賞しています。

また同社では、学童保育施設「みらい学校ダビンチボックス 」や小学生を対象とした起業家育成ワークショップ「あんとれサンデー」でこれまで様々な価値創造型ワークショップを行い、実際に子どものアイデアを商品化したり、ビジネスモデルをつくってピッチ大会を行うなど数多くの実績があり、そのノウハウを活かしながら、オリジナリティあふれる商品開発の知識や経験をワークショップで伝えていく予定です。


《対象》社員とその子ども。また一般公募した子ども(いずれも小学校3年生〜中学校3年生)


《プログラム》

アイデア、企画、プレゼン


《子ども参加者申し込みフロー》

1. フォームより企業を選択

2. 企業からの案内を読む

3. ワークショップ参加


《受け入れ企業申し込みフロー》

1. フォームより申し込み

2. 企業担当者と同社スタッフで打ち合わせ

3. 研修告知→社員、人数把握

4. 研修内容の企画書確認

5. 研修実施、アンケート

6. 結果報告

7. (オプション)株式会社あんふぁにによる商品化サポート


《受け入れ企業のメリット》

* 子どもの新鮮で斬新なアイデアを直に聞ける

* そのアイデアを真剣に検討ー新しい価値の創出

* 子どものアイデアと社員のアイデアの掛け合わせで、社員の創造性を刺激

* 社員家族への企業理解促進

* 子どもが参加することで、シンプルでわかりやすく、楽しい企画ができる


《諸注意》

* お子様が参加するため、ワークショップ実施は主に週末や祝祭日になります。

* ワークショップの様子やピッチ大会、プレゼン資料は、可能であればSNSに公開をお願いします。

* お子様にわかりやすい内容にするため、参加者は専門用語や込み入ったお話を出来る限り簡単に説明するようお願いします。


申し込みは、ダビンチクラブポータルサイトより。


ダビンチクラブポータルサイト

https://davinci-club.enfani.com/


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NzIyOSMyMzUzMDUjNTcyMjlfcWFHZWNZR0ZNRC5qcGc.jpg ]



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ