パロパロ
2020年02月27日(木)

パロパロ

喜
怒
哀
楽
新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » オートマチックトレード株式会社

投資家様向けコンシェルジュサービス 「MINKABU Trade-Concierge」展開のお知らせ
2020年1月29日 オートマチックトレード株式会社
Yahoo!ブックマーク  ニフティクリップ livedoorClip はてなブックマーク newsing iza Buzzurl Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドと、オートマチックトレード株式会社は、個人投資家向けソリューションサービスの提供等を目的とする業務提携に合意し、その第1弾としてバーチャル自動売買トレード等の機能を実装するソリューションサービスを、金融機関向けには「MINKABU Trade-Concierge」として、また、個人投資家向けには「トレコン」の愛称にて展開することをお知らせいたします。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)と、オートマチックトレード株式会社(以下「オートマチックトレード」、本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:松村 博史)は、個人投資家向けソリューションサービスの提供等を目的とする業務提携に合意し、その第1弾としてバーチャル自動売買トレード等の機能を実装するソリューションサービスを、金融機関向けには「MINKABU Trade-Concierge」として、また、個人投資家向けには「トレコン」の愛称にて展開することをお知らせいたします。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM5NTE3IzIzNTMzMSM5NTE3X1JGTWJFQkxkZ3MucG5n.png ]
投資家様向けコンシェルジュサービス 「MINKABU Trade-Concierge」展開のお知らせ


ミンカブは、「みんなの株式」等、AIとクラウドインプットを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しています。さらに情報系Fintechソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富な検証データを背景に、様々な金融商品の分野において、金融機関向けに投資家に資するシステムの構築および情報サービスの提供を行っています。


オートマチックトレードは、多くの方が投資に参加していただける社会を目指し、Fintechソリューションの開発を手がけています。特に投資における自動化システムの開発及びサービス提供に力を入れており、証券各社とのシステム接続による株式・日経225先物・FX用の自動売買サービスの自社運営、各社投資支援ツールと証券各社を繋いでの金融商品自動売買プラットフォームサービスの開発提供に強みを持っています。


両社は、今後、ミンカブが保有する豊富なマーケット情報とオートマチックトレードが保有する自動売買プラットフォームを中心としたアプリケーションを融合させたサービスの展開により、より良い取引環境を提供する事を目的としたサービスを提供し、ミンカブのメディア事業における課金収入、ソリューション事業におけるASPサービス収入、並びにオートマチックトレードのアプリケーション提供による収入の拡大を通じた収益拡大を目指してまいります。


《投資家向けコンシェルジュサービスについて》

本投資家向けコンシェルジュサービスでは、監視対象銘柄の売買タイミング・重要ニュース・テクニカル分析を24時間365日休むことなくモニタリングするアラート機能、トレードや株価推移を振り返ることが出来る分析チャート機能に加え、初心者向けにバーチャル取引所環境下でのバーチャル自動売買トレード機能を提供する事により、これまで機関投資家では一般的なトレード環境であったシステムトレードを個人投資家の皆様にも、わかりやすく、簡単にご利用頂けるようにしたサービスです。また、当該サービスは証券会社のAPI経由でトレードが可能なサービスも提供いたします。


手数料の自由化とITの技術躍進をきっかけに、インターネットチャネルにおける証券取引が台頭し、個人投資家にとって充実した取引環境が提供されてきております。また、「貯蓄から資産形成」へのスローガンのもと、金融機関のAPI開放の方針が出され、Fintechの推進が金融業界において重要な要素となっています。API活用の1つである、「システムトレード」は、今後、更にニーズが拡大していくことが予想される一方で、未だに個人投資家は時間的な制約のある中で、膨大なマーケットデータを収集し、取引することを強いられていることも事実です。


上記の環境下において、ミンカブ及びオートマチックトレードは議論を重ね、ミンカブが持つ豊富なマーケット情報や個人投資家ユーザー層と、自動売買システムをいち早く構築し、卓越した運用実績を持つオートマチックトレードのアプリケーションを融合することで、個人投資家により良い取引環境を提供するコンシェルジュサービスとして、金融機関向けに「MINKABU Trade-Concierge」、個人投資家向けには「トレコン」の愛称にて展開することにいたしました。


【特徴】

①アラート機能

 監視対象銘柄の売買タイミング・重要ニュース・テクニカル分析を24時間365日休むことなくモニタリングしアラートをご提供します。

②分析チャート機能

 株価チャート上に、設定した売買戦略の売買タイミングやニュース・企業情報等の発表タイミングが表示されます。また、投資家様の任意で取引メモを登録する機能もあるため、売買タイミングにおける投資家心理も含めて分析することが可能です。

③バーチャル自動売買トレード

・売買戦略テンプレート機能

 投資家様が任意で設定する売買戦略設定機能だけではなく、売買戦略を簡単な操作で設定することが可能なテンプレート機能もご提供します。

・売買戦略取引成績一覧表


■ 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドについて(https://minkabu.co.jp/)


ミンカブは、日本最大級の投資家向け情報メディア「みんなの株式」を中心に、株式をはじめ、 仮想通貨や外国為替、商品先物、投資信託、保険、不動産など様々な金融商品を対象とした投資情報を提供しています。また、ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家のみならず金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。


社名: 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

所在地: 東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号

設立: 2006年7月7日

代表取締役社長: 瓜生 憲

事業内容: メディア事業、ソリューション事業


■ ミンカブの運営するメディア一覧

みんなの株式: https://minkabu.jp/

みんかぶFX: https://fx.minkabu.jp/

みんなの仮想通貨: https://cc.minkabu.jp/

みんかぶコモディティ: https://cx.minkabu.jp/

みんかぶ投信: https://itf.minkabu.jp/

みんかぶ保険:https://ins.minkabu.jp/

みんかぶ不動産:https://re.minkabu.jp/

Kabutan: https://kabutan.jp/


■ オートマチックトレード株式会社(http://www.automatictrade.net/)

オートマチックトレードは、多くの方が投資に参加していただける社会を目指し、投資における自動化システムの開発及びサービスの提供を行なっています。Fintechソリューションの開発に力を入れており、証券各社などとのシステム接続を行い、自社サービスである株式・日経225先物・FX用の自動売買サービス「オートレシリーズ」の運営や、各社の投資支援ツールと証券会社をつなぐ金融商品の自動売買プラットフォームサービスの開発提供を行っています。

今後、さらに投資が身近なものとなりより便利にご利用いただけるサービスとその環境づくりに努めてまいります。


社名:オートマチックトレード株式会社

所在地:大阪市中央区北浜1-1-10

設立:2006年5月2日

代表取締役社長:松村 博史

事業内容:株式・日経225先物の完全自動売買サービスを提供するオートレの運営、自動売買プラットフォームのOEM提供


■ オートマチックトレードが運営・提供・協力するサービス一覧

オートレシリーズ: http://www.autore.jp/

メールdeオーダー: http://mdo.autore.jp/

サヤトレ連動-オートレ発注: https://investars.jp/

シグナルdeオーダー for QuantX: https://sdo4q.autore.jp/

シグナルdeオーダーfor KENSHIRO-225: https://sdo4k.autore.jp/



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ